2018年02月15日

<平昌五輪>小平銀、高木銅 平野、渡部暁は銀 (毎




 【平昌(ピョンチャン)?岩壁峻】平昌冬季五輪第6日の14日、スピードスケート女子1000メートルで、今大会の日本選手団主将で世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82の2位で銀メダルを獲得した。高木美帆(23)=日体大助手=も1分13秒98の3位で銅メダルを手にし、12日の同1500メートルに続く二つ目のメダルとなった。日本女子で複数の選手が冬季五輪の同一種目でメダルを獲得するのは初めての快挙。

【写真特集】小平の銀、高木の銅を振り返る

 ノルディック複合個人ノーマルヒルで渡部暁斗(29)=北野建設=が2014年ソチ五輪に続く2大会連続の銀メダルを獲得した。複合の日本勢では、個人種目で複数のメダルを手にしたのは初めて。このメダルが冬季五輪での日本勢通算50個目(金10、銀20、銅20)のメダルとなった。



 スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)では、平野歩夢(19)=木下グループ=も2大会続けての銀メダルに輝いた。



 アイスホッケー女子1次リーグ最終戦で、日本は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」を4-1で破り、五輪出場3回目にして初勝利を挙げた。カーリング女子は1次リーグが始まり、日本代表のLS北見が米国を10-5で破り、白星スタートした。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。